アクセル全開周りは気にするな

夜勤明けにも関わらず全く眠れる気配がないからBUMPのaurora arkのライブを見てしまっている勢いのまま先日の25周年記念ライブ「Silver Jubille」のことを思い出しながら語ってしまおうかという記事です

 

 

f:id:massy4:20220721062228j:image

行ったのは初日の7/2

会場は前の20周年記念ライブと同じ会場の幕張メッセの9-11ホール

CDJや1-3ホールでのライブ(Pathfinderのこと)を経験すると狭く感じるステージだけど、何故か彼らはここでやりたがるんだよな

 

ココ最近個人的に物販をガチに並ぶことはほとんどないけど、やっぱBUMPは特別だから買うことにした

いつもならどこかのホールを貸切って会計場所が20箇所以上ある「フェスかよ」と思わずツッコミたくなるくらい沢山あるし、並ぼうものなら普通に1時間以上かかっていたけど、今回はコロナの関係で事前に申し込んで整理番号順に並ぶ形式

そのおかげか呼び出されてから10分後には物販会場から出ることが出来た

むしろ物販あとに見られるフォトブースの方は30分以上待つんじゃないかというくらい並んでいたので断念

1人で並んで撮る人もいたけどちょっと私には厳しかった

 

 

ホテルへ早めにチェックインして開場時間に再び幕張へ

会場に入るといつものあのバンドの看板がお出迎え

ここでやっと「今日はBUMPのライブなんだな」と実感が湧いてきた

入場がものすごい混んでいたせいか、ライブは15分くらい押してスタート

6年前のライブと一緒のSE、THE WHOの「A Quick One While He's Away」が流れ出す

手拍子と共にメンバーが登場してくる

そうして始めた最初の1曲目は「アカシア」だった

全BUMPファン待望、というか恐らくあの映像を見たポケモンファン待望の生アカシアだっただろう

歓声がなくてもその期待値は目に見えた

次の「Hello, world!」では藤原基央が合間に「会いたかったぜ!」と叫んだ瞬間、私の謎スイッチが入り号泣してしまった

4人に会えたことが嬉しかったのもそうだし、そうやって藤くんがいつも通り私たちに声をかけてくれるのが嬉しかったんだと思う

 

3曲目天体観測では例のあの呪文とか大サビで歌わせるところは空けないんじゃないかと思っていたらいつも通り空けてきた

あとのMCでその事について話していて「いつか歌える日のために空けておく。学校で休んでいる友達の席みたいなんもん」とのこと

さすが俺たちの藤原基央!と思っていたら「うっかり俺が歌っちゃったらそれはその友達の席に間違えて座っちゃったやつだ笑」と笑わせてきた

ホントにこの人40代後半か?と思う茶目っ気

 

天体観測のあとは「なないろ」と続き「新曲中心かな」と思いながら待っていると迎えてくれたのは「宇宙飛行士への手紙」と「arrows」だった

arrowsのイントロが始まった瞬間変な息の吸い方をしたくらいには驚いた

最後に披露したのは恐らくorbital periodのツアーだったはず

まさかお目にかかれるとは

あと宇宙飛行士への手紙は高校時代散々聴いた私の思い出深い1曲

「誕生日に当時付き合っていた彼女が藤くんの画像に宇宙飛行士への手紙の歌詞を付けて送ってくれた」というどうでもいいことを思い出していた

 

ライブ終盤、オレンジ色のライト共に「リトルブレイバー」をやり、不穏なギターイントロが始まり「なんの曲だ?」と考えているとなんと「乗車権」だった

歌い初めまで何の曲か検討もつかなかった

勝手な思い込みだけど、この不安定な時代をその曲で体現しているようにも聴こえた

「Aurora」ではあまり見慣れないチャマの手拍子の煽りがあった

数年前じゃ考えられなかった

皆で手拍子をする曲はいくつかあったけど、元々そういう曲じゃない曲で手拍子をするなんて

尖りきってた藤原基央にあの光景を見せたらなんて言うかな笑

 

「あと何曲かで終わっちゃうんだ」といつもの流れならここで「えー!!」と観客から残念がる声が聴こえるが、今回ばかりは声が出せないので反応に困っていると「いつもなら言いたいとこだよね笑。俺も思っている以上に感極まってて、すごく楽しくやらせてもらってます」と続けた

ラストは「ray」から始まり、ヒデちゃんのドラムソロから入った「オンリーロンリーグローリー」そして最後は「メーデー」だった

『再び呼吸をするときは 君と一緒に』のとき藤くんは私たちを指さした

その仕草は時代のせいか、より一層意味が込められていたと思う

 

アンコールは「古い曲もやったけど、新しい曲もやりたいです」と言って「クロノスタシス」の演奏へ

どういうノリ方をしていいのか分からない感じが「ザ新曲」って感じがした

そんな最新のBUMPのあとに藤くんは突然「今やったクロノスタシスの前がSmall World?で…合ってるよね?」と近年リリースした曲のリリース順を確認し始めた

何事かと思っていると「それらよりも前に書いた曲があって、まだどこにも出てないんだ。その曲をやります」とマジの新曲がはじまった

まさかここで新曲が来るとは到底予想出来なかった

曲名は「木漏れ日と一緒に」

初日に発表しなかったのは単純に忘れていただけだそうだ笑

タイトル通り、木漏れ日みたいな優しいメロディに後半は大きく印象が変わる展開を見せた、本当に新しいBUMPの曲だった

「知らない曲やって『終わります』じゃ終われないので…笑。一番歴史が古い曲、結成記念日にはやるか!ってなる曲です」と話し、勢いよく放った「BUMP OF CHICKENのテーマ!」にはこれまで我慢していた観客からは思わず声が漏れそうな盛り上がりだった

 

ライブが終わり、藤くんがいつも通りステージに残りMCを始めた

 

「本当は2月の結成記念日にこのライブをやりたくて、本当はもっと前からやりたかったんだけど、延期になっちゃって、絶対にみんなにこの誕生日に出席してもらいたくて、あきらめきれなかった」とこのライブが開催された心境を話した

そして「君たちが見せてくれる未来があります。俺は1人でスタジオで曲を作ってるときも『この曲は未来につながる』と思ってます。それは君たちが教えてくれた、宝物みたいな経験です」と熱く語った

 

今ちょうど見ているAurora arkの最後のMCに差し掛かっているのでそれも踏まえて今回の感想を話そう

 

「未来は何があるかわからないし、つらくてしんどいときが来るかもしれないけど、そういうときに力になれるように。今日の歌声を思い出せなくても、俺たちが歌って思い出す手伝いをするよ。どこにいようと俺たちの音楽はお前のことを絶対に1人にしないから」

 

奇しくもこのライブの翌年、2020年は誰しもが辛くてしんどい年になったしまった

あらゆる行動が制限されて、楽しみは奪われ、仕事どころかまともに生活することすら困難だった

私も新卒で遂に就いた憧れの職業はモロにその影響を受けた

人間関係も良くなると思っていたがどんどん良くない方向へ行き、最悪の形で終わりを迎えてしまった

 

「もう嫌だな」「こんなのがいつまで続くんだろう」「何も楽しくないよ」

 

そんな事で頭いっぱいになっている中、BUMPが約1年ぶりに新曲を発表した

それが「Gravity」だった

配信されてすぐ聴き、聴き終わると号泣していた

 

「一緒じゃなくても 1人だったとしても また明日の中に 君がいますように」

まさにあの日のMCの「1人にしないから」を有言実行させるような一節だった

 

「そうだ、私にはBUMPがいる」

 

どう足掻いても1人で頑張らないといけなかったけど、そのときGravityが手を引っ張って「大丈夫、俺もここにいるから」と言ってくれているようだった

 

そうやって私もBUMPもいろいろあったけど、どうにか生き延びて7/2を迎えられた

本当に、本当にありがとう

また会える日を楽しみにしながら生き延びるよ

 

最後だから欲を言うと今年の末にアルバム出して、来年春からツアーしてくれ~~~~~

そのツアーのラストでGravityやってくれ~~~~

 

以上です

 

7分

伊藤沙莉池松壮亮主演の映画「ちょっと思い出しただけ」を見てきた

なんと運良く舞台挨拶付上映会のチケットを確保

もう既に1回見ているけど、もう1回見たいと思っていたところだったからちょうど良かった

 

 

 

この作品は「私たちのハアハア」や去年公開した「くれなずめ」の監督、松居大吾の最新作

元は古い映画の「NIGHT ON EARTH」にインスピレーションされて作られたクリープハイプの「ナイトオンザプラネット」という曲からさらに着想を得て製作された映画

私にとってはクリープハイプ伊藤沙莉も松居大吾監督も好きだったので、これが発表された時は大きな期待をしていた

しかし私が期待していた以上にこの作品は私の心を鷲掴みにし、間違いなく自分のオールタイム・ベストに入る作品になった

 

内容はある2人のある日に焦点を当てて2人の6年間を遡っていくラブストーリー

ネタバレにならない範囲で魅力を語るとすれば、この2人の空気感がすごいリアルであるところ

ある年のその日は2人が喧嘩をするシーンだったが、怒り方とかその後の2人の感じが「あーありそうだな」とめちゃくちゃ共感できるシーンだった

あと付き合ってまだアツアツな時の2人の会話とかやり取りが心に刺さった

元々恋人同士特有の会話が好きだったのでここに関してはオススメする時には必ず挙げている

恋人同士の会話ってよくある恋愛映画のイチャつきじゃなくて、その2人にしか分からないようなやり取りのこと

好きな映画のセリフを真似したり、軽い冗談を言い合ったり、ツッコミが不在のまま話が進んでいく感じ

そういう会話ってしっかり言語化された上で、2人の世界が構築されているから見ていられるし、むしろ聞き入っちゃうくらい好き

 

 

去年からその年見た映画のベスト10を選んでいるけど、間違いなくこの作品はベスト3に入るほどの作品だった

上映館も少なくなってきたのでお近くの方でお時間ある方は是非見てきてください

 

 

あいみょんになりたい

最近「とっておきドラえもん」なるものが売っている

 

 

 

友情や家族愛、食べ物に纏わる話など、テーマごとに分けられたドラえもんのベストセレクションである

 

その中でも「君にメロメロ恋愛編」が気になった

ドラえもんは小学生の時にコンビニで月2回発売するコンビニコミックを父が買ってきてくれて、それをよく読んでいた

単行本化された話はほとんど読んだくらい買ってもらって、ひみつ道具の名前を聞くだけでどういう話でどんなオチになるのか答えられる程読んでいた(これは今でも答えられる)

実家に帰れば未だにあるから改めて買うこともないんだけど、読みたい部分がどうしてもあった

それはあいみょんがこのために書き下ろした5.6ページほどの巻末コメント

 

あいみょんは自分の過去の恋愛を、この漫画に収録されている「恋するドラえもん」と照らし合わせて綴っている

詳しい内容はここでは書かないが(是非手に取って読んでほしい)自分の恋愛を惜しげも無く語っている良い文章だった

 

そういえばあいみょんはよく自分の話をしている気がする

自分の実体験や感情を曲にするのはミュージシャンの性だと思うが、彼女は他よりそれが多い気がする

具体的に「あの曲がそう」とかは熱心はファンでは無いため出てこないが

ただなんかそういうの羨ましい気がする

 

私はどちらかというと黒歴史にして押し入れの一番奥に突っ込んでしまうタイプだ

「失敗した!」「もう二度と思い出したくもない!」そう言いながら絶対に出さないような奥にしまい込むのが癖になっている(想いを伝えられなかった恋は別)

貰ったプレゼントも一緒に撮った写真も全部捨ててしまう

ただふと思い出してしまって探してもないのに勝手に出てきてしまう

ちょっと思い出すどころかたくさん思い出してしまう

そうなったらまた奥へしまい込む

そしてまた出てきて奥へしまって

ずっとそれの繰り返し

だから未だに大学時代の彼女のこととか結婚するはずだった女のことを思い出しては「あんなことしなきゃよかったな」「あのときちゃんと言えてたら」なんてクヨクヨしてしまう

 

その点あいみょんは結構明るく話す

今回の巻末コメントでも自分の恋愛とドラえもんの恋を並べて振り返っているが、何処にもネガティブに感じる言葉はなかった

恋人同士特有の会話や他の人を好きになってしまったことも、後悔とか恥ずかしさとかは感じられなかった

 

それってしっかり自分と向き合えていて、自分のことをしっかり愛してることだよな、と3.4回読み返したところで気がついた

 

過去の恋愛を「黒歴史」と片付けて、奥深くにしまい込んでいるのは過去の自分を否定することだし、見てないふりをするのも現実を見ていないことにもなるんじゃないかと

 

あんな恥ずかしいことを言ったのも自分だし、伝えられなかったのは自分のせいだし、それを無かったことにするのは今更だが無理があった

恥ずかしいとは言ったが、「あの頃の自分可愛かったな」と思えるようにしたい

 

まあド深夜にこんなこと書くくらいだから当分は無理なんだろうけど、そのうち笑ってあげられるくらいになれたらいいな

 

 

私と新木場とSTUDIO COAST

1/27にSTUDIO COASTはライブハウスとしての営業が終了

このライブハウスは自分にとって1番好きなライブハウスだ

そんな私とSTUDIO COASTとの思い出を語りたい

 

 

 

 

初めてのスタジオコーストスペシャのイベント「LIVE HOLIC」の集大成的イベント「LIVE HOLIC extra」だった

f:id:massy4:20220131212602j:image

今や幕張メッセで開催するようになったLIVE HOLIC extraの記念すべき第1回だった

この日はマイファス、アルカラ、

TOTALFAT、9mm、androp、ユニゾンという布陣

まだライブへ頻繁に行くようになる前だったので、これがきっかけでよく行くようになったかも

この日のトリを務めたユニゾンも、これがきっかけで大好きになったと言っても過言ではないだろう

ライブも印象的だったが、何よりまだライブハウスに行き慣れてないのでこんなにも見やすいかいじょうがあるのか!と衝撃的だった

天井のクソでかいミラーボールに横長に広く見やすいフロアとステージ、そして何より看板の文字

夜になるとライトアップされるのにも驚いた

まだ1回しか行ってなかったのにスタジオコーストが大好きになった

 

 

 

その前の年に行ったCDJで見たヒトリエに衝撃を受けて即チケットを買って行ったのもスタジオコーストだった

f:id:massy4:20220131213437j:image

大学の友達とラブシャで知り合った友達がヒトリエのことをよく話していて元々気にはなっていたけど、あまり聴く機会がなかったが、CDJで見て完全にハマった

新年明けて大学の友達にヒトリエのことを話したら「5月だけどツアーあるよ」と言われて授業中だったが、その場でチケットを取ったのをよく覚えている

その日のアンコールはセンスレスワンダーでシノダさんが「ラストォォォォ!!!!」とシャウトしたので終わりかと思いきや、なんとあうとSister Judy、モンタージュガールへと続いた

後から調べたが、今回のツアーのアンコールはセンスレスワンダーで終わっている

ツアーファイナルならではの体験ができた

終わったあとドリンクを引き換えに並んでいると、後ろの方から中学時代のあだ名で私を呼ぶ声が聞こえて振り返ると、中学時代隣の席だった高木(仮称)だった

まさかこんな所で再開するとは思わなかったし、汗だくになっていたのでなんかちょっと恥ずかしくなった

一緒に来ていた友達とそれを話しながら駅へ向かっていると、エスカレーターで鼻血が出ていた

ライブが良すぎたのか中学時代の友達と卒業以来の再開でビックリしたのか、あるいはその日バイトを終わらせてから会場へ向かった疲れが出たのか、まあまあ大量に出た

友達がすかさず駅員に助けを求めてくれたおかげで事なきを得た

思えばあの日は付き合っていた彼女と別れて2日後のライブだったりなんか個人的にも情報量が多かった1日だった

あの日以来ヒトリエのライブに頻繁に行くようになった

バニラズとの対バンやムロフェス、wowakaさんの歌を聴ける最後のライブになるとは思わなかった2018年のCDJ、3人体制最初のツアーも東京公演が取れず、衝動的に仙台公演のチケットを取るほど好きになったのもSTUDIO COASTのおかげでもあるだろう

 

 

 

前回の記事でも書いたが、このライブハウスで最も見たバンドはTHE BAWDESだった

中でも印象的だったのが、STUDIO COASTの真ん中にステージを組んだ360°ライブ

f:id:massy4:20220302232422j:image

アリーナのライブだとたまにあるがまさかここで360°ステージのライブをやるとは考えたこともなかった

観客はステージを取り囲むように見るから普段ステージになる所も、観客がいる不思議な光景だった

もちろんメンバーは観客の間を縫ってステージに向かい、4人背中合わせで演奏していたが、一寸の狂いもないいつものBAWDIESだった

HOT DOG劇場は360°を縦横無尽に使う今後見れる機会はない激レア劇場だった

BAWDIESと私たちの目線がほとんど同じ高さだったからなのか、この日は今までより生っぽさを感じた

 

 

STUDIO COASTは他にも四星球とバックドロップシンデレラのツーマンライブ、the HIATUSの何も引っ提げないツアー、キュウソネコカミとマカロニえんぴつの初顔合わせライブなど思い出が沢山

どれも鮮明に覚えている

ライブじゃない思い出も一つだけある

それがwowakaさんの追悼式だった

f:id:massy4:20220302233523j:image

チケットがなかったため、夜のライブには行けなかったが、献花だけやりに行った

看板には「THANK YOU WOWAKA」の文字、献花台はバーカウンター、4人のヒトリエの写真が飾られているのは普段何に使っているの分からない倉庫だった

メンバーを思い、ファンを思い、何より亡くなったwowakaさんを思い、wowakaさんに「さようなら」を伝えられる機会をくれたSTUDIO COASTには感謝しかない

 

 

 

もう夢の国か幕張メッセ行くための乗り換えでしか新木場に降りることはない

駅に併設されているドトールもファミマもロッテリアもいつも混んでいて入れないコメダ珈琲へ行くこともない

STUDIO COASTへ向かう途中の橋で葛西臨海公園の観覧車を見ることも開場前に階段に座って待つこともロッカーが空いていなくて奥の方へ行ってしまうことも、もうない

新木場駅からSTUDIO COASTへライブを楽しみにしながら向かう時間が好きだった

 

色んなバンドに出会わせてくれて、今も仲良くしている友達と出会わせてくれてありがとう

またどこかで会おうぜSTUDIO COAST

 

さらば青春のスタジオコースト

1/6 「SEEZ RECORDS presents THANK YOU OUR STUDIO COAST」へ

 

f:id:massy4:20220112100848j:image

SEEZ RECORDSの兄弟THE BAWDIESgo!go!vanillasに加えてオープニングアクトには末っ子のCOWCITY CLUBが出演した対バンライブ

 

去年のマイヘア主催の3マンライブ「超学校」が最後だと思われたけど、年末にこのライブの発表があって、私のスタジオコーストでのライブはこれで終わりにしようと決めた

 

COWCITY CLUBは完全初見でお客さんのほとんどもそうだったろうが、完全に観客の全員の心を掴んだ

初めてのスタジオコーストにしては堂々としていて何より「愛してるぜコースト!」と曲中に挟めるほどに楽しんでいた

これからの活躍が楽しみだ

 

 

バニラズは何度もこのスタジオコーストに立ち最近もアコースティックツアーの千秋楽にここを選んでいた

牧は「Zeppを目指すバンドにとってこのスタジオコーストは特別な大切な場所」と語りコーストへの経緯を表した

バニラズはもう横浜アリーナ神戸ワールド記念ホールでワンマンライブができるほどに成長した

かつてのツーマンライブでは「悔しい思いもした」と語ることもあったが、今はもうそんなことすら感じさせないほどになった

スタジオコーストが無くなるのは寂しいがきっとその寂しさを晴らしてくれるのはバニラズなんだろう

 

 

思い返せばTHE BAWDIESのライブを最も見たのはここだった

ドレスコーズ9mm Parabellum Bulletとの3マンライブに結成15年&デビュー10年記念ツアーの初日、360°ライブ

どれも印象深かった

今日もMCでTAXMANがバニラズの横アリライブあとに自分の誕生日サプライズが用意されているのではないかと期待していたことをいじられたり、大雪なのに晩夏の曲を選んだり、HOT DOG劇場が某機動戦士だったり

アンコール前には3バンドのスタッフがバタバタと準備をして全バンドが登場

ROYさんがCOWCITY CLUBを一人一人呼び出すが、チラチラ前方のスタッフを見ていたので恐らくカンペを読んでいたのだろう

アンコールは3バンドでKEEP ON ROCKIN'を披露

もはやどこをどう見たら良いのか分からないほどだった

今後スタジオコーストを語る上でこのパフォーマンスは外せないと思う

 

 

 

超学校のとき思いの外しんみりとしてしまっていたが、私のスタジオコースト最後のライブがこんなにもご機嫌で楽しいロックンロールパーティで終われて本当に良かった

本当にありがとう

スタジオコーストは終わってしまうけど、3バンドはまだまだ続く

またどこかでね

 

 

スタジオコーストとの思い出はまた次回

 

 

僕らも会うことはなくなった

9/15My Hair is Bad presents「超学校」へ

f:id:massy4:20210915220055j:image

来年1月末で閉店してしまうスタジオコーストに行きたすぎてチケット取ってしまったこのイベント

正直なことを言うとyonigeはここ数年まともに聴いてないし、マイヘアとSPARK!SOUND!SHOW!(以下スサシ)はほとんど初見に近かった

会場がここじゃなかったら行くことはなかっただろう

それほどスタジオコーストへの思いは強かった

ただyonigeは私がよく聴いていた頃とは全く違うバンドになってたし、スサシはコロナ禍でぐちゃぐちゃになった社会を叩き切るようなMCとそれを払拭するような盛り上がりを見せ、マイヘアの椎木は自身の遊び場のひとつであるこのスタジオコーストが無くなることへ憂いた

椎木は失礼ながらずっと「歴代の彼女をDVしてそうな顔」としか思ってなかったから熱い思いをぶつける姿とのギャップが心に突き刺さった

コロナ禍が明けたらどんなライブをするのかすごく楽しみになり、3バンドともしっかり聴かなければならなくなった

 

スタジオコーストの思い出を一個一個長ったらしく書こうと思ったが、閉店するまでに訪れる可能性(ヒトリエかユニゾンがライブをやる場合)があるため、閉店の日を迎えたら改めて振り返ろうと思う

 

わからず屋には見えない魔法

UNISON SQUARE GARDENリバイバルツアー「CIDER ROAD」東京ガーデンシアター公演へ

 

f:id:massy4:20210824215032j:image

8年前に発売したアルバム「CIDER ROAD」のツアーのリバイバルツアーという世にも不思議なツアー

CIDER ROADというと収録時間が8枚のアルバムの中で1番長く斎藤宏介も「足し算に足し算を重ねた」という程の濃い内容のアルバム

8月頭のプレビュー公演では「カルビのよう」と言っていた

 

そんなアルバムのツアーだからセトリもとてもやんちゃ

特に15曲目の「like coffee〜」からラストの「シャンデリアワルツ」まで「もうこれで終わるよ!」という曲が続く終わる終わる詐欺のオンパレード

とてもじゃないけど近年のツアーどころかフェスのステージでもやらないよこんなの

 

 

斎藤宏介はアンコール前に「ライブをやるたびに悪者になるような日々が続いていくね」と語った

フェスは軒並み中止になり、唯一開催した大型フェスのフジロックはメディアや普段音楽を聴かない関係ない人からの批判が続出

今年のGWの状況にほぼ戻ってしまった

ただ斎藤宏介はそれをただ悲しみ嘆くのではなく「俺たちの為でもあるし君らや今日来なかった家にいる人のためにも、普通にライブを続けていきます」と宣言した

もちろん今後の状況によってはfun time accidentもPatrick Vegeeのツアーも中止になってしまう可能性はある

でもこうやってバンドのフロントマン本人の口から「ライブはやり続ける」ということを聞けただけでまた生きていく希望が見えてきた気がした

 

次は秋、待ちに待っていたPatrick Vegeeのツアーで会おう