最後の四小節

9/17はTOKYO CALLINGへ

 

f:id:massy4:20181017203537j:image

ほとんどduoに居たなぁ

あとO-EAST

 

O-EASTに関しては今年の覇権(になる予定)のヒトリエを見に行っただけ

トーキーダンスは本編でやってくれ〜って思ってたら2曲目にインパーフェクションをぶち込まれた

たぶん2018年のライブ中でもっとも嬉しかった瞬間だったと思う

アンノウンマザーグースで締めるのは今年の彼らの定番

今年最初のnexUsで「ボクらにとって大事な曲になった」とその曲を語っていたのが印象的だった

そうやって曲を大事にしてるのはリスナーにとっても嬉しいよね

CDJ出ないかなー

 

冒頭でも言った通りこの日はO-EASTのすぐ下のduoにずっと居た

単純にメンツがよかったんだよね

あるあるさんのDJにはじまり、年始のアコースティックライブぶり、バンド体制では2年半ぶりのココロオークション

雨バンドな彼らだがこの日は夜のゲリラ豪雨を除けば晴れてたから意外だった(笑)

そのあとはヒトリエを挟んでムロフェスでやむなく蹴ったビレッジマンズストアへ

今回duoはフジテレビのLove Musicとのコラボステージになってて、ライブ前に出演アーティストの紹介VTRが流れる演出になっていた

が、流れたVTRのバントはその前に出演したドラマチックアラスカだった

改めてビレッジのVTRが流れてメンバーが登場

するとボーカルの水野ギイは「オイオイ今日の主役を間違えんじゃねえよ!」と強気発言

さらに「このTOKYO CALLINGを終わらせに来た!」と観客への完全燃焼宣言も

ビーフェイスな彼だが顔に合わずめっちゃロックな発言だった

その宣言通りのっけからクライマックス

マジで観客をここで帰らせる勢い

夢の中ではないからのサーチライトの流れは今後推していきたい

 

TOKYO CALLING終了宣言をされたオメでたい頭でなによりの赤飯はいとも簡単にTOKYO CALLINGの再開を宣言し、リハから本気でやり始め本編も本気(マジ)だった

気づいたらメジャーデビューしてZeppでライブもやってタイアップも決まってて、あれよあれよと人気になっていった彼らのステージを見たらなぜかZeppDiverCistで見たフレデリックを思い出した

「俺前から目を付けてたけど?」みたいな自慢をしたい訳ではないけど、オメでたに関しては骸骨祭り2016でのオーディションから見てて、「これは来るな」と思っていたバンドだったので、オドループ発表直後から目を付けていたフレデリックのようにトントン拍子で売れていったのが嬉しかった

次はZeppツアー回るのかな

期待してるぜ

 

思った以上に長くなりそうだから後半は次回

 

いいことばかりorいやなことばかり

夜中の空腹を紛らわすためのブログ

 

ラブシャのことを書きたいけどうまく書けないし10-FEETのことだけで満足してるからこのまま書かなそう

AIRJAMも体調不良と京葉線の事故で途中で抜けちゃったし…

TOKYO CALLINGに関しては書きたいことずくめだから別枠でいつか書こうと思う

 

コーリングが終わったあとのライブはKANA-BOONでした

やっとワンマンライブ

ずっとフェスでしか見てこなかったから聴きたい曲もやってくれて、というよりやって欲しいなぁって思ってた曲全部やってくれた気がした

talkingとか羽虫とか

その辺フェスじゃ聴けないしね

その次は来週のBAWDIES

今年のベストアクト候補は10&15周年のBAWDIESか飛躍の年になったヤバTと考えてる

もしくは岡崎体育

たまアリワンマンも決まったし

 

んでもってそれが終わればSHISHAMO

今年まだ1回しか見てないのに驚き

川崎ワンマン中止になっちゃって野音も当たらんかったからね

友達と「ZeppTOKYOとDiverCityどっちがいい?」って話になって「DiverCityのSHISHAMOを見たい」って言ったら同意してくれた

結構感激

私は結構アーティストによって「ここの会場で見たい」っていうこだわりというか理想があって、例えばサカナクションならたまアリがいいし、見たことないけどRADWIMPSZeppがいい

ヒトリエZeppで見たいけどSTUDIO COASTが1番よかったかな

そんなふうに勝手に思ってるとこがある

だからその人をいろんな会場で見たい気持ちがあるから今回のSHISHAMOはあえてファイナルのZeppTOKYOではなくDiverCityを選んだ

SHISHAMOはまたアリーナでも観てみたいけどね(笑)

 

それが終われば2年ぶりのCOUNTDOWN JAPAN

集大成として今年は4日通し

おかげでBUMPも見れるしずっと見たかったでんぱ組も、今年まだ見てないキュウソとクリープハイプELLEGARDENじゃない細美バンド2組も(エルレ出ないかな…)TOKYO CALLINGでどハマりした忘れらんねえよと四星球も

って贅沢すぎるな!

タイムテーブルで変わっちゃうけど今あげた人らは何がなんでも見たいなぁ

BUMPと被ったら間違いなくBUMPに行くんだろうけど(笑)

色々やんなきゃいけないことはあるけど、それがあるとめっちゃ頑張れる

頑張ろ

 

 

さて書き終わったら寝ようと思ったけどどうにもこうにもお腹が鳴ってて寝れないから蕎麦茹でてきます

 

それではまた来週

誰しもが笑って誤魔化せる程器用じゃないから怒りたい時は怒っても構わないと思う

クリープハイプの曲中の歌詞を可視化した『クリープハイプのすべ展』へ

f:id:massy4:20181004051702j:image

入口の社会の窓にはじまり

f:id:massy4:20181004051718j:image

イノチミジカシコイセヨオトメをピンク広告っぽく可視化したり

f:id:massy4:20181004051814j:image

愛のある標識を作ったり

f:id:massy4:20181004051837j:image

個人的に一番グッときたのは寝癖の可視化

f:id:massy4:20181004051951j:image

引き出しにはCDが置いてあり

f:id:massy4:20181004052022j:image

壁には反転した文字で寝癖の歌詞が

 

ここは寝癖のPV中に出てくる洗面所を再現した展示となっていた

つまりは画面の向こう側

あっちから見える文字はこっちから見れば反転してるのは当然

でもそこまで再現しようとするのは中々思いつかないと思う

さすが世界観さん

 

 

最近のクリープハイプは何となく前向きなイメージが強い

アー写はメンバー全員笑顔

「イト」や「リバーシブル」の発売時のアー写は比較的明るめだが笑っている様子はなく、他のも結構暗めだった

最新のアルバムタイトルも「泣きたくなるほど嬉しい日々に」と非常に明るい

今までのもそうだったかもしれないが、私としてはこれが1番前向きなタイトルだと思う

 

でもそれが決して悪いとは思っていない

むしろいいことだと思っている

 

2015年、RADWIMPSが対バンツアーをしたときに福岡公演のゲストとしてクリープハイプが呼ばれた

その時尾崎世界観は「いつもの対バンなら負けえねぞっていう気持ちが出るんですけど、今回は素直に嬉しいので、呼んでくれてありがとうございます」とMCでそう語った

その時は不貞腐れてるわけではないが、嬉しいようにも見えなかった

でもそれが彼なりの喜び方で彼はあまり笑わない人だと当時まではそう考えていた

2年後のUNISON SQUARE GARDENとの対バン

彼は当時発売したばかりのイトを披露する前に「今超大ヒットしてる」と満面の笑みで言った

2年前では考えられなかった

笑顔で何かを語る尾崎世界観

 

その後彼をテレビでよく見るようになり、笑顔の尾崎世界観をよく見るようになった

あれからライブも何度が見てきたが笑いなが歌う世界観を見ることも多々あった

 

何がきっかけになったのかは分からない

でも彼らの中で何かが変わっているのは確かだ

もしかしたら私たちファンなのかもしれないし彼らが作った曲がそうさせたのかもしれない

そんなこと知る由もないだろう

ただ私は変わっていく彼らを今後も応援したいと思っている

 

10-FEETってすげえよなって話

毎年夏の恒例になったSWEET LOVE SHOWER

f:id:massy4:20180905162631j:image

去年に引き続き今年も2日間

毎度の事ながら過ごしやすかった

雨予報だったけどほとんど雨降らなかったし!

 

近年はもうここでしか見ないグループ魂とか初めて見たマンウィズとSuperflyの話もしたいけど、

今年のベストアクトは間違いなく10-FEETだった

からその話をいっぱいしたい

f:id:massy4:20180905163001j:image

10-FEETは初日のSiMの後

京都大作戦のTシャツ、タオルを身につけた人が続々とLAKE SIDEステージに集まってきた

いつものようにTAKUMAが「ありがとうございました!10-FEETでした!」と始めると一発目にぶち込んできたのは『1size FITS ALL』会場のボルテージは一気に上がり後ろで見てた私も我慢出来ず前へ

実のところ、このあとのポルカドットスティングレイが見たかったので終わったあとスムーズに移動できるように後ろにいた

でもそんなことがどうでも良くなるくらい、私の感情は高まった

その後RIVERへと続き太陽4号へ

ふと私は先日スペシャで見た京都大作戦のドキュメンタリーを思い出した

「雨は上がりました そちらはどうですか」

この日の山中湖の予報は雨

ただこの時の山中湖はそれを嘲笑うかのような快晴

京都大作戦のリベンジは京都大作戦でしか果たせないけど、不思議と彼らはそのリベンジができたんじゃないかと思った

 

ラストのgoes onでは前の時間帯、同じステージでライブをやったSiMのようにギタリストをリスナーから募集した。しかしドラマーが登壇するハプニングがあり2人目を募集したところ、なんとステージ袖からヤバTのこやまが手をまっすぐ伸ばして登場

「色々イジリ考えてたけど全部吹っ飛んだわ」とTAKUMAは言いつつこやまにギターを託した

そのときのこやまの顔は間違いなく俺らファンと同じくキラキラ輝いていた

ハンドマイクになったTAKUMAは客席に突入

めちゃくちゃ近かった

TAKUMAの顔もめっちゃ笑っててよかったな

セトリも胸が熱くなるような曲でよかったしまた見たくなった

 

ラブシャ全体の話はまた今度で

しっかりしろ!俺達がついてる!

今年の京都大作戦のドキュメントを見た

 

10-FEETの3人が初日2日目と苦渋の決断をし、来年へと繋げるためスタッフに向けて演奏をするところや出演予定だったアーティストのコメントまで余すとこなく放送してくれた

ありがとうスペシャ

 

7月〜8月にかけては夏フェスシーズンに加えて台風シーズンでもあるからどうしてもフェスにぶつかることがよくある

私が参加した2年前のラブシャは初日だけ晴れて2日目以降は大雨

去年の大作戦は中断の後残りのアーティストは予定より少ない曲数でライブを行った

何度も言ってるけどSHISHAMOの等々力ワンマンライブも中止になり、ワイバンも中止、ナンバーショットもファイナルACTのスカパラまでライブができたものの中断をしたり、さらにはELLEGARDENの復活第1弾ライブの新木場公演も台風により中止の心配もあった

他にもその日行われた大小様々なライブが中止に追い込まれた

今年のラブシャもエアジャムも雨の心配がある

 

そうやって中止になった時に「彼らのためになんかできないかなー」って思う

でもやっぱりライブ行ったりCD買ったりそういうことしかできないんだよね

当たり前だけど

「でもそれってアーティストにとって1番嬉しいことなんですよ」

私の知り合いのバンドマンがそう言ってた

曲を作るだけだとファンに届いているのかわからないし怖い

それが分かるのがCDの売上だったりライブなんだ

そう語ってくれた

 

今年はいろんなライブ・フェスが中止になり、残りライブも何らかの理由で中止になるだろう

その日行う予定だったライブと別の日にやるライブは全く違うけど

「彼らのために何かしたい」

そう思ったらライブに行こう

CDを買おう

 

京都大作戦の中止がアナウンスされた時にTAKUMAはファンに向けて謝罪していた

現地でもスタッフに謝ってた

きっと不安とか悔しさとかが彼らの中で渦巻いていたはず

そんな時はサマーウォーズの翔太兄のように「しっかりしろ!俺達がついてる!」って言ってやろうな

何も言えずに黙ったまま

22日はライブキッズあるある中の人主催ライブ「ライブ行きたい」ツアーの静岡へ

f:id:massy4:20180824233240j:image

名前だけ知ってたバンドとか完全初見とか一方的に顔なじみのバンドとかいつも通り楽しんできた

特にムロフェスで気になっていたにも関わらず会場に来てから出演することに気づいたAmelieがこの日1番楽しかったかも

終わったあとすぐに物販に向かってCDを購入

ボーカルのmickさんに「ムロフェスで気になってたので今日見れてよかったです!」って伝えると「ほんと!?ありがとう!」って言って握手もしてくれた

リキッドルームのワンマン絶対行く

 

物販でmickさんに声をかけた時にふと思った

この人は私のことを覚えてくれるのだろうかって

まあほぼないんだろうけど、私としては記憶の隅にでもいいから「静岡で声かけてくれた人」程度でいいから覚えてて欲しいな

 

「この人には忘れられたくないな」

 

そういう人が周りにたくさんいる

大抵の人は「まあ忘れられてもいいかな」ってなるけど

この人にはどうしても忘れられたくないしずっと関わっていたいなーって

そういう人

 

大学卒業したら会えなくなるかもしれないし、働き始めたらライブで会えなくなるかもしれない

わがままだけどそれまでは仲良くしてできればその先もずっとずっと

深夜4時を回る前

8月の仕事納めをしてきて今日から休日ウィーク

手始めに明日はライブキッズあるある中の人の主催イベント

来週末は毎年恒例SWEET LOVE SHOWER

その次の週はAIR JAM

この辺は台風も雨も来るなよ!!!

あとチケットはまだないけどコーリングも行く予定でって

 

ライブばっかりやん

楽しいね

特にSHISHAMOの中止とELLEGARDENのチケットが取れなかったのもあってヒトリエの対バンに行ったにも関わらず

まだまだ不完全燃焼だからね

ラブシャコーリングでは色んなバンドとご無沙汰するので(久々に見る)めっちゃ楽しみ

特にホルモンは去年のラブシャで最初の3曲しか見れてないからね

今年は何にも被らずにガッツリ見れる!

 

夏休み後半はっちゃけ倒したいと思います