VIVA LA ROCK というフェスの虜になった男(下)

参加2日目にしてビバラ最終日

 

f:id:massy4:20190507210208j:image

四星球→10-FEETキュウソネコカミHEY-SMITHオメでたい頭でなにより→SiM→ROTTENGRAFFTY04 Limited Sazabys打首獄門同好会東京スカパラダイスオーケストラ

のタイムテーブルでした

 

四星球はCDJでサンボの真裏のカウントダウンアクトで悩んだ末にサンボに行ってたので半年ぶりだった

35分あった持ち時間で4曲

○○パレードや言うてますけどもでだいぶ時間とってたけどコミックバンドらしかった

クラーク博士と僕でダイブしてそのままSTARステージに向かう途中でまさゆきさんに出くわしてビックリした笑

バックドロップシンデレラとのツーマン行きたかったけど行けそうにないからまた会おう

 

 

10-FEETはいい加減ワンマン行きたい

あと大作戦も

MCがサンボの次に好きだな

この日は「いいライブ」について話してた

「お前らと取り乱したい、驚きたい」

そう言って始まったRIVERはこの日1番取り乱してたと思う

今度はワンマンで会おうな

 

今年は節約のためにあんまりフェス飯を食べてなかったけど前日はタコライス、この日は唐揚げ丼(写真撮り忘れた)食べたけどどっちも大当たり

f:id:massy4:20190516005646j:image

ムロフェスにも出店してほしい

 

 

早めの昼ごはんのあとはキュウソネコカミ

STARステージの出演は3年振り

最近の曲を聴かずにCDJを迎えてた時とは違って、先日の忘れらんねえよとの対バンでも披露した「押しのいる生活」と「メンヘラちゃん」はすっかりお気に入りになった

「去年はホルモンに客が流れていったのが悔しかった」

その思いを持ってこのステージに立ち見事リベンジ達成!

一生推していきたい

 

「俺たちは今伝説の中にいるぞ!」と言った猪狩さんのMCから4ヶ月ちょっと後

今年もスタジアムクラスでHEY-SMITHを見られたのは嬉しかった

やっとRadioも聴けた!

この人達はそろそろライブハウスで見たいな

 

オメでたをフルで見たのは去年のコーリング以来

前日はせき・はんとしてホルモン二号店に出演していた赤飯はフレディ・マーキュリーのモノマネにラストの自分らのバンド名をタイトルにした「オメでたい頭でなにより」では自らモッシュピットの中心へ

パワー全開だったけどMCでは「きっかけが昨日の二号店でも別でもいい。色んなきっかけで今日みんなが集まってる。今度はあなたが誰かにきっかけを与えてください。」としっとりしたMCだった。

そうなれるように私も頑張るよ

 

SiMはこの日のアーティストの中で圧倒的悪魔

「GW何してた?」と聞いて答えようとすると「興味がありません!」と答えさせなかったり、Killing Meでいつものギターを弾かせるとこでお客さんをステージに上げると「弾けると思った?」と言いその人をお立ち台に座らせたり

後者に関しては私も行きたかった

でもやりたい放題ってわけでもなく、先日のHEY-SMITHの猪狩さんがライブ中の無断撮影についてツイートしたことに対して、MAHさんもその撮影していたお客さんに「いい加減ガキじゃねえんだから覚えろ」と言及

自分のバンドも撮影禁止をずっと掲げてるから言えたんだろうな

その後のMCで「今からやる曲だけ動画撮れ!SNSでもどこにでも上げやがれ!」と言ったMAHさん

友達思いのいい悪魔じゃねえか

 

ロットンとフォーリミは疲れ果ててたから座って見てたけどかっこいいな

どっちもじっくり聴いても楽しめる曲を作ってくれるから座って見てても飽きない

じっくり聴けない曲が悪いとかではなく

パンクとかメロコアってどうしても「暴れてやるぜ!」っていうイメージがあるからじっくり聴く機会がないけどこの2バンドはライブじゃないときもじっくり聴いてる

いい曲をこれからも頼むよ

 

打首獄門同好会はリハから全開

うまい棒がフロアで飛び交っていたのは面白かった

誰もが翌日思っているであろうあの楽曲「はたらきたくない」と「布団の中から出たくない」を披露した時が一番観客の一体感があったと思う

CDJでは披露されなかった「歯痛くて」「おどるポンポコリン(カバー)」も最高

おどるポンポコリンでモッシュダイブしているのは見てるだけでも貴重な体験だね笑

この記事書いている最中に打首獄門同好会は安倍首相に会い、農林水産省よろ「FANバサダーロック」という政府公認バンドになっていた

これはもっとでっかくなる予感

来年はSTARステージで会おう

 

ラストは東京スカパラダイスオーケストラ

キュウソネコカミやMAHさん、GEN、TAKUMA、HEY-SMITHといった今日の出演者をゲストに迎えた超豪華ライブ

印象的だったのはHEY-SMITHとコラボした「Glorious」

ドラムのTask-nを省いた全員が登場

1列に並んだ時は壮観だった

ホーン隊のソロ回しなんかはこの日のピークを迎えたと言っても過言ではなかった

キュウソネコカミと披露した「メモリーバンド」ではスカパラのドラムの茂木さんがキュウソのソゴウさんに「俺の代わりにスカパラのドラムを叩かないか?」とお願い

ソゴウさんも「俺も叩きたくなってきてました!」とノリノリ

熱いハイタッチの後に茂木さんはソゴウさんパートを歌うためにマイクの前へ

「今から俺がキュウソネコカミだ」と言う茂木さん

お茶目で素敵です

ライブ終盤、残り2曲でTAKUMAがなぜか「令和」と「平成」の額縁を持って再登場

「DOWN BEAT STOMP」を披露

そして曲終盤でこの日の出演者の殆どがステージに登場

ラストの「All Good Ska is One」では観客もステージ上の出演者もみんな肩組み

もうお祭り騒ぎ

休み無しの30周年を迎えたスカパラにピッタリなステージだった

 

スカパラを初めて見たのはこのVIVA LA ROCK

その日もTAKUMAが10-FEETとしてゲストで登場したりルパン三世を披露したりと、個人的に2019年のステージに似ていた気がした

だが明確に違うのはこのフェス自体だった

毎年同じフェス名だけど確実に進化している

去年まではVIVAステージとSTARステージには通路を挟んでいてスムーズに移動ができなかった

「そんなの気にしないくらい楽しめよ」と思っていたがやっぱり心のどこかで楽しみにくいと思っていた

今年は圧倒的に楽しめた

ラストの曲を切ることもなく

見たい場所で見れないこともなく

「CAVEってどこ…」となることもなく

ホントに日常を忘れて楽しめた

もうすっかり虜だ

 

来年はオリンピックがあるから「会場使えるのかな」とか思ったけど、全く影響もないみたいだし来年もやってくれるそうなので絶対に行きたい

ありがとう鹿野さん、ビバラスタッフの皆さん

また来年

 

VIVA LA ROCKというフェスの虜になった男

今年はライブあんまり行かないかも

 

なんて言ってたのに今年もビバラに来てしまいました

f:id:massy4:20190506211659j:image

初年度、2年目は初日だけ

3年目は前の2日間

そして今年は4日間開催の後ろ2日

これである意味全日程コンプリートしたね

 

 

初日はHump Back→電話ズ→yonige→ニコタッチ→SHISHAMO→ユニゾン神聖かまってちゃん→teto→クリープハイプ

で楽しんできた(yonigeは座ってみてたけどあまりに眠過ぎてあまり覚えてない。ごめんねyonige)

 

Hump Backはチャットモンチーの最後のフェス「こなそんフェス」で有り余るほどのチャットモンチー愛を語ってくれて

「次は私が誰かの青春になる」と言った

そのときからすっごい気になっててやっと見れた

林さんの声がなんとなく夜に似合う気がしたのでいつか野外フェスのトリで見てみたい

 

電話ズは去年のビバラ以来

今年は完全活動再開しいろんなフェスに出演する

このビバラもそのひとつ

去年ノブは自転車で会場を走り回っていたが、今年は和太鼓とともにこのフェスの主催元の社長である鹿野さんに引かれて会場を回った

鹿野さんはヘトヘトになっていた気がする笑

 

NICOは相変わらずのかっこよさ

リハでやってた「手をたたけ」のアコースティックバージョンも「灼熱の部屋」を「灼熱のビバラロック」に変えるTHE BUNGYも

3年ぶりのフルアルバムは全曲未発表曲でさらにおまけでそのアルバム曲全部のアコースティックバージョンを収録したCDも付いてくるとか

ライブもそうだけど色んなことに精力的に活動してて嬉しいです

 

SHISHAMOは4年連続

ビバラ開催初年度から出演し、初期のキックオフイベントもほとんど出演している

このバンドはほんとに愛されてると思う

9月のワンマンの本気の下見になったと思う

楽しみにしてるよ

 

ニゾンに関してはフェスで聴きたい聴きたいとずっと言っていたMIDNIGHT JUNGLEをトップに持っていきフリクションフリークライシスや誰かが忘れてるかも〜など、もはや何がレアで何がいつもやる曲なのかわからなくなる

田淵はベースを置いて引き貴雄は上着を被りドラムを叩く

彼らにはいつも驚かされているよ

 

の子やバンドじゃないもん!メンバーのみさこ擁する神聖かまってちゃん

これが初

ずっと「ロックンロールは鳴り止まないっ」聴いてて念願叶ってやっと生で聴けた

何よりオーディエンスの熱量が凄まじい

始まれば前方はおしくらまんじゅう

後方からはダイブするファンが飛んでくる

一応このフェスはダイブ禁止にされている為の子は「お前らダイブ禁止なのに頭おかしいんじゃねえの?笑」と笑っていた

 

tetoはCDJ以来

リハで天井の鉄骨にしがみついたりすでにやりたい放題

MCで小池は「ちょっと注意された」とこぼしていた

光るまちでは「ここだと後ろが見えない」と言い前方で観客に支えられながらマイクを通さず歌い大合唱が起こった

感動的な場面が作れたのは小池だけでもtetoのメンバーだけでもなくオーディエンスがいるおかげだった

いつになるか分からないけどまたいい景色を見せてくれ

 

クリープハイプCDJ以来

CDJ同様5%からゆっくり入っていき、長谷川カオナシがメインボーカルの火まつり

ラブホテルや社会の窓などキラーチューンをかましラストは栞で締めた

CDJの日はユニゾンの入場規制を恐れてラストの栞のイントロでGALAXYステージに向かってしまったため今回が初の生栞だった

尾崎さんはこの日のビバラに「また帰ってこれるように」と栞を挟んで帰っていった

また来年もここに来てください

 

 

 

大熱狂の最終日はまた明日

あの娘は彼氏候補の男と2人でUSJ行った

忘れらんねえよの対バンツアー「ツレ伝ツアー」へ

 

本当はこのツアー行くつもりは全くなかった(発表された時は4割くらい行きたがってた)

でもどうしてもイガラシさんのベースが見たくなって行くことにした

 

キュウソはCDJ以来

CDJで「人によっては!平成最後のキュウソネコカミ!」って言われて

「うおおおおぉ!!!」ってなってたのに平成終わる前に来ちゃったもんだから勝手に気まずくなってた笑

でもすげえ楽しかった

The band でセイヤさんは「バンド続けていこうな!!」と言ってくれたのは嬉しかったな(柴田さんを指して言ったらしい)

忘れの出番の時に柴田さんもそう言ってくれて、その時にイガラシさんが頷いたのを見逃さなかった

 

 

イガラシさんはあの発表のあとTwitterでこう呟いた

 

f:id:massy4:20190421194539j:image

(うまく共有できなくて画像で)

 

 

3人でじっくり時間をかけて決めてください

俺たちはいつでも待ってます

あなた方が「バンドまたやります」って言ってくれる日を

来年でも再来年でもずっと先でも

 

 

忘れの本編では聴きたかった曲を全部やってくれたようなセトリ

特に「俺よ届け」はサークルのライブでやったりしたから嬉しかった

 

 

柴田さんももう40近いけどずっと中学生みたいなことをずっと言ってる

マスターベーションがどうとか女性器を叫ばせたり

下ネタ覚えたての中学一年生みたいな感じ

でもずっとそのままでいてくれ

ずっと俺らのダサい部分をかっこよく歌にし続けてほしい

 

10月のツレ伝フェスと来年のZeppライブも楽しみにしてるよ

 

 

 

忘れ去ってしまわぬように気が済むまで繰り返そう

突然の訃報

私の大好きなバンドのボーカルでボカロPのwowakaさんが亡くなってしまった

 

 

初めて行ったCDJで完全所見で彼らを見た私は翌月には彼らのワンマンライブのチケットを買っていた

nexUsではいろんなバンドと対バンして「次は誰とやるかな」「このバンドと対バンして欲しい」そんなふうに思っていた

ポラリスがボルトの主題歌になったときは「こっからだ。こっからヒトリエはもっと売れてくるんだ」

そう思ってた

新時代にこの音楽を持って行きたかった

 

何もかもがもう遅い

彼の音楽を聴くにはもうこのちっさい機械でしか聴けないと思うと辛くてたまらない

 

最後にwowakaさんを見たのが去年のCDJだった

世界初出し情報として「アルバム出します!」と言った彼のワクワクした笑顔を私はきっと忘れない

 

 

ありがとうwowakaさん

私たちはずっとあなたの音楽を聴き続けるよ

だから向こうでも音楽を作り続けて

私たちがそっちに行ったらまたライブやってね

 

ご冥福をお祈りします

 

スポットライトの下

今日は書きたい気分だからもう一本

 

 

昨日はお花見してきた

f:id:massy4:20190405214737j:image

去年は友達が上野公園でバイトしてたので上野で

今年は代々木公園〜赤坂氷川神社のルートで

代々木公園は宴会の大学生やサラリーマンでいっぱい

楽しそうだね〜って思いながらゆっくり歩いた

 

 

赤坂駅を降りて彷徨っていると

f:id:massy4:20190405215429j:image

インスタっぽい場所を見つけた

そこにはセレブやらインスタ女子がたくさんいて、私は多少困惑していた

でも

f:id:massy4:20190405215540j:image

ここも桜が綺麗だった

ビルと桜っていいな

 

f:id:massy4:20190405214939j:image

赤坂氷川神社へは限定の御朱印が欲しくて行ったんだけど、友達と合流して貰いに行ったらもう無くなっていた

御朱印にも数量限定ってあるんだな…

f:id:massy4:20190405215047j:image

でも階段に並べられた竹灯籠が綺麗だった

ラプンツェルのあのシーンを思い出した(あれは飛ばしてたけど)

 

f:id:massy4:20190405215714j:image

夜桜も綺麗だったなぁ

自宅近くにも桜が並んでる河川敷はあるけど、夜になると全く灯りがないから見えないんだよね

だから新鮮だった

 

f:id:massy4:20190405215918j:image

そのあと食べたカレーも辛かったけど美味しかった

次からはちょっと辛味を抑えよう…

 

 

ここ数日で幸福度が1番高かった日でした

 

 

 

 

いいねへの欲望はハッシュタグの数で決まる

『いいねは自分につけるもの』

今年の東京モード学園のキャッチコピー

 

 

これが最近のお気に入り

 

確かにそうね

自分が良ければそれでいいとかじゃなくて、客観的に見て自分を褒められるのはいいことだ

 

自分で作った料理が美味しければいいねを付けて、その日の髪型が良ければ髪の毛にダブルタップしてやりたい

 

そうやってモチベーション高められたらいいな

 

 

 

 

卒業式の前の週に

米津玄師を武道館で見てから気づけばもう一年以上経っていた

あの日は確かココロオークションを雨の日に見た翌々日で曇り空だった

そのライブも楽しかったし米津玄師のライブも菅田将暉が登場したりそのツアーでは武道館でしかやっていないアンビリーバーズをラストにやって、私は「2018年最高のスタート」というハッシュタグを付けてこの写真をインスタに投稿した

f:id:massy4:20190316000312j:image

 

それから一年以上経った2019年3月11日幕張メッセで米津玄師を見てきた

f:id:massy4:20190316000209j:image

Flamingoで始まりLOSERでは花道へ歩き出し、更にステージが上昇し米津玄師はしゃがみながら歌った

まさにTEENAGE RIOTのジャケットのようだった

アイネクライネやorionには前回同様アレンジを効かせていた

実は原曲よりこっちが好きだったりするんで音源化して頂きたい(笑)

演出面だと爱丽丝のチャイナ的演出がグッときた

ラストのLemonは大サビ前ではレモンの香りを漂わせた

ファブリーズとかポッカレモン的な匂いじゃなくてちゃんとしたレモンの香りだったせいか、アンコールで手拍子してる最中まで鼻に残ったままで何となく心地よかった

アンコールではFlamingo/TEENAGE RIOTのカップリング曲、「ごめんね」とLemonのカップリング「クランベリーとパンケーキ」そして「灰色と青」を披露

そういえば米津玄師ソロの灰色と青は初めてだった

前は菅田くんが来てくれたからね

 

 

「こうしてみんなが集まれるっていうのは天文学的に有り得ないようなことだし、こうしてたくさんの人が集まってくれることで、自分がやってきたことが間違いではなかったって思える。本当に有難いしか出てこない」

TEENAGE RIOTのあとの彼のMCだ

 

ボカロ時代から今日に至るまでの彼の音楽活動がこれほどの人たちに認められた彼の喜びを感じるのとともに、「天文学的に有り得ないようなこと」という言葉に引っかかった

 

来週私以外の同級生は卒業式を迎える

そう、天文学的な確率で出会った同級生だ

ゼミが一緒だったりドイツ語の授業が一緒だったりサークルが一緒だったり

そんなきっかけで出会った知り合い、友達、親友が

月島行ってもんじゃ食べたりスカイツリー登ったりフェス行ったり

ある人とは交際関係になったりもしたなぁ

大学生じゃなくなった人も一緒にサカナクションとかゲスの極み乙女のライブに行った

その人は知らぬ間にどこか遠くへ行ってしまった

声優の卵になった人は今もいろんなイベントに出演してがんばっている

 

あなた達と足を揃えて卒業できなかったのは悔しいよ

一人でも欠けたら今の私はなかったわけだし

 

っていうのは大袈裟だけど少なからず何人かはそうだし、そうじゃない人にも感謝してる

ありがとう

またどこかで会ってくれ

 

 

 

 

 

このブログを始めたのは「日記みたいのを気軽に書きたい」って思って始めたもの

ある時はライブに行った時しか書かなかったり、ある時は週一以上の更新をしたり何だか自分でもよくわからなかった

でもやっぱりこの日記の中心は音楽で自分が行ったライブのことを書くことが多かった

今回書いた米津玄師のライブでしばらくライブはありません

っていっても2.3ヶ月後には行っちゃうかも

BUMPもSHISHAMOも近場でライブやるし

でもまあしばらくは書くことがなければ書かないかな

 

そのときはまた読んでください

ではまた